スポンサーリンク

Aliexpressの個人輸入でも関税がかかる商品の計算方法とは?

duty-items-eye-catch
この記事は約9分で読めます。

Aliexpress(アリエクスプレス)は個人で購入するとしても中国輸入ですので、関税がかかる場合があります。しかし関税ってそれほど関わりがないので難しく感じてしまうかもしれませんよね。

でも安心してください!実はとっても簡単に計算することができます。

そのほか、どんなものに関税がかかるのか、どれくらい払うことになるのか?というのをシミュレーションも含めてご紹介いたします。

Aliexpressで購入する場合の関税に関する注意点

caution-image

まずは関税に関する2つの注意点を見ていきましょう。

注意1 まとめ買いする場合の関税

Aliexpressで商品を購入する場合で、例えばレザージャケットの10,000円(商品代金+送料)を同じショップで1つ購入するのであれば16,666円以下になりますので関税はかかりません。

しかしレザージャケットを3つ購入するとします。そうすると30,000円になり、この場合は関税がかかってきますので注意が必要になります。

まとめ買いで商品支払い代金が16,666円以上になる場合は関税がかかる!

注意2 関税をスルーした場合

先に結論をいうと支払い金額が16,666円以下の商品には関税も消費税もかかりません。

もし支払い金額が16,666円以上で関税がかかると思っていた商品なのに、スルーしてお家まで無事に届いた場合は無視してしまって構いません。それは税関を無事にクリアしたと考えていて問題ありません。

幸運なことですので、自ら税関に連絡する必要はありません。

関税がかかると思った商品が無事に届いた場合は自ら連絡する必要なし

Aliexpressの個人輸入でも関税がかからない場合

基本的には支払い代金が16,666円以下の場合は関税・消費税免除になっています。

課税対象額は商品代金の60%なのですが、課税対象金額が10,000円にならないと関税がかかることがないので、この16,666円という金額までは課税対象にならないのです。

計算例
16,666円 × 0.6 = 9999円
(10,000円未満は課税対象にならない)

支払い代金が16,666円以下の場合は関税・消費税免除
スポンサーリンク

Aliexpressの個人輸入でも関税がかかる場合

  • 商売以外の個人使用・贈与でも関税適応
  • 商売の場合は商品代金の100%が課税対象
  • 一般貨物・郵便小包を利用した場合で
    課税価格の合計が20万円以下の場合は簡易税率適用
    (= 商品代金30万円以下の場合)
  • 革製のカバン・ハンドバッグ・手袋等
    編物製衣類(Tシャツ、セーター等)
    スキー靴・革靴及び本底が革製の履物類等は免税なし

革製品・は基本的に支払い総額が16,666円だとしても関税がかかりますので、覚えておきましょう。

関税適応1 個人使用・贈与の場合

個人使用、または誰かにプレゼント用として購入したとしても課税対象価格が10,000円以上の場合のみ関税が適応になります。

関税適応2 販売目的の商売の場合

商売の場合は課税対象は支払った金額(商品代金+送料+保険)の100%になります。

商売と判断される基準は、どう見ても一人で使用するような個数じゃないときなど、多分それは税関のスタッフが肌でそれを察知できるところで判断されると思います。

というのもスタッフによってはスルーされてしまう商品もあるからです。

この場合は自分から問い合わせる必要もありませんので、ラッキーと思っておきましょう。

関税適応3 簡易税率適応の場合

品目〔具体的な品目例〕  関税率
1 酒類
(1) ワイン
(2) 焼酎等の蒸留酒
(3) 清酒、りんご酒 等
70円/L
20円/L
30円/L
2 トマトソース・氷菓・なめした毛皮(ドロップスキン)・毛皮製品 等 20%
3 コーヒー・茶(紅茶を除く)・なめした毛皮(ドロップスキンを除く) 等 15%
4 衣類及び衣類附属品(メリヤス編み又はクロセ編みのものを除く) 等 10%
5 プラスチック製品・ガラス製品・卑金属(銅、アルミニウム等)製品・家具・玩具 等 3%
6 ゴム・紙・陶磁製品・鉄鋼製品・すず製品 無税
7 その他 5%

税関「少額輸入貨物」より

一般貨物または郵便小包を利用した場合で、課税価格の合計額が20万円以下の場合には、一般の関税率とは別に定められた簡易税率が適用します。

一般貨物・郵便小包の場合

中国から送られてくる商品が送料無料の場合は、一般貨物か郵便小包を利用することになります。ですので、個人輸入として購入するほとんどの場合は簡易税率と思っていてまちがいないでしょう。

商品代金合計が30万円以下の場合

課税価格の合計額が20万円以下というのは、商品の合計金額が30万円以下と覚えておくといいでしょう。

関税適応4 免税対象外になる場合

消費税以外のその他の内国消費税(例えば、酒税、たばこ税等)が課せられる場合は、それらの税は免税の適用がありません。
なお、課税価格の合計額が1万円以下の物品であっても、我が国の産業に対する影響その他の事情を勘案して、特に定められた物品については、免税適用になりませんので留意して下さい。
引用:税関『課税価格の合計額が1万円以下の物品の免税適用について(カスタムスアンサー)』

念のために何度も書きますが、支払い金額16,666円までの場合は課税対象金額が10,000円未満ですので関税はかかることはありません。しかし上記の引用あるように、商品によっては16,666円未満であっても課税対象になる場合がありますので、心配な時は税関に聞いてみよう!

革製のカバン・ハンドバッグ・手袋等・編物製衣類(Tシャツ、セーター等)・スキー靴・革靴及び本底が革製の履物類等は免税なし

Aliexpress以外でも使える関税率目安表

duty-items-image-01

細分化すると何千にもなってしまうのですが、一応目安でこれくらいかな?と計算するのであれば上記の表くらいで考えておけばいいでしょう。

これらは金額にかかわらず関税がかかる商品だと思っていた方がいいでしょう。

詳細は税関の公式ページがありますので下記からご確認ください。

Aliexpressの個人輸入で関税がかかる場合の計算方法

duty-calculate-image-02

  • 商品代金・送料・保険の
    合計支払い金額が16,666円の場合は免税
  • 課税対象額が10,000円以上になると関税がかかる
  • 課税対象が20万円未満の場合は簡易税率対象
  • 課税対象額
    個人輸入課税対象は商品金額の60%
    個人輸入でも販売目的の場合は商品金額の100%
  • 100円以下は切り捨てる
  • 消費税8%
  • 通関手続き200円

ざっと上記のことを考えておけば大丈夫です。
Aliexpressの商品を例として計算方法をご紹介します。

関税計算方法例1  レザージャケット

leather-jacket-image

それではまず一つ目はこちらの素敵なレザージャケットを見つけたので、そちらにどれくらいの関税がかかるのか計算しながら順番に見ていきましょう。

※レザージャケットは金額に関わらず、支払い総額が16,666円以下でも課税対象です。

計算手順1 支払い総額

商品代金58,464円
送料無料
合計58,464円

計算手順2 課税額を計算

個人使用の場合として課税対象は支払い総額の60%で計算していきます。

商品代金58,464円 × 60% = 35,078円
※100円未満は切り捨てる
課税対象額35,000円

計算手順3 関税額を計算

レザージャケットの関税率を目安表(少し戻った上の方にある図)でみると簡易か税率で20%になりますので、そちらを課税対象額にかけていきます。

課税対象額35,000円 × 課税率20% = 7,000円
課税額7,000円

計算手順4 消費税を計算

課税対象額35,000円 + 課税額7,000円 × 8% = 3,360円
※100円未満は切り捨てる
消費税3,300円

計算手順4 通関手数料をプラス

通関手数料は200円(必ず全てにかかります)

計算手順5 合計を計算

課税額7,000円
消費税3,300円
通関手数料は200円
合計10,500円

商品代金:58,484円
関税代金10,500円
合計68,984円

結局レザージャケットをAliexpressで購入して関税を払うと、合計68,984円かかるということになるんですね。

スポンサーリンク

関税計算方法例1  革靴

leather-shoes-image

では少し面倒くさい計算が必要な革靴の計算をしていきましょう。
革靴も値段に関わらず関税のかかる商品の1つとして有名です。

計算手順1 支払い総額

商品代金4,994円
送料無料
合計4,994円

計算手順2 課税額を計算

個人使用の場合として課税対象は支払い総額の60%で計算していきます。

商品代金4,994円 × 60% = 2,996円
※100円未満は切り捨てる
課税対象額2,996円なんだけれど…

革靴の場合は計算で出した課税対象額が4300円より安いものは全て4,300円になります。
要するに靴は最低でも4,300円が課税対象額になるってことです。

だからこの靴の
課税対象額4,300円

となります。

計算手順3 関税額を計算

レザージャケットの関税率を目安表(少し戻った上の方にある図)でみると30%になりますので、課税対象額にかけていきます。

課税対象額4,300円 × 課税率30% = 1,290円
課税額1,200円

計算手順4 消費税を計算

課税対象額4,300円 + 課税額1,200円 × 8% = 440円
※100円未満は切り捨てる
消費税400円

計算手順5 通関手数料をプラス

通関手数料は200円(必ず全てにかかります)

計算手順6 合計を計算

課税額1,200円
消費税400円
通関手数料は200円
合計1,800円

商品代金:4,994円
関税代金1,800円
合計6,794円

どうでしょうか、5000円くらいで可愛い革靴が手に入る!やったー!と思っていて、靴に関税額をプラスすると高くなるんですね。

スポンサーリンク

関税計算方法例3  洋服

kid-dress-image

こんな可愛い子供用のワンピースを見つけてしまった!
じゃぁ購入して関税がいくらかかるか見ていこう!

計算手順1 支払い総額

商品代金1,761円
送料無料
合計1,761円

計算手順2 課税額を計算

課税対象額を…

ってなるはずなんですが、この服の場合は1,761円ということで、課税対象額が10,000円以下ですよね。この場合は簡易税率が適応されるわけです。

簡易税率4番に「衣類及び衣類附属品(メリヤス編み又はクロセ編みのものを除く)等」とあるので、税関スタッフによってはもしかするとかかる可能性もあるかもしれませんが、ほとんどの場合は大丈夫だと思っておいていいかもしれません。

それか、セラーさんが気を利かして「ギフト」って送ってくれるかもしれません。

ということで、これは晴れて

免税!

ってこと!って考えでいいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • 支払い金額が16,666円以下は関税がかからない
  • 商品カテゴリーによっては関税がかかるものもある
  • 課税対象額が10,000円の場合は関税対象
  • 課税対象額が20万円未満は簡易税率適応
  • 個人関税対象は商品の60%
  • 商売の場合の関税対象額は100%
  • 靴は最低でも課税対象額が4,300円

関税って面倒くさそうに思いますが、以外と簡単に計算することができますよね。

靴の場合だけ最低でも課税対象額が4,300円かかるということを忘れずに。

課税計算ができるようになったところで、Aliexpressで革製品で素敵な商品を探してみるのもいいかもしれませんね。

それでは、Aliexpressで楽しいショッピングを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Q&A
Aliexpanda

コメント

タイトルとURLをコピーしました