スポンサーリンク

Aliexpressでトラブル発生!紛争(Open Dispute)の方法とは?

open-dispute
この記事は約8分で読めます。

Aliexpress(アリエクスプレス)で買い物をしていると、商品が届かなかったり、または壊れている商品が届いてセラーに問い合わせても対応をしてくれなかったりと、トラブルが発生することがありますよね。

そんなときはアリエクスプレスを巻き込んで「紛争(Open Dispute)」をしてしまいましょう!!

Aliexpressの紛争(Open Dispute)をする場合の5つの注意点

日本人の礼儀正しく優しい正確からは「紛争(Open Dispute)」なんて言葉を聞くと少し抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、なんてことありません。これはAliexpressを利用する上での権利であり、みんなが丸く収まるためにあるシステムです。 大きく言えば裁判所みたいな感じ?笑

まぁそんな感じのものですので困った時は頼るようにしてもいいでしょう。

そな前に、紛争をする場合にも4つ注意点がありますので、みていくことにしましょう。

注意1 発送されてから10日以降から紛争できる

紛争は商品を発送してから10日以降から行うことができます。

商品を発送した場合でも10日以内は紛争を行うことはできませんので、焦ってなんで「紛争できないんだ!」なんて言っている方は、今一度自分のステータスを確認し、どんな状況になっているのかを確認することが大切です。

また「Open Dispute」のボタンを押して時に画面にこのような説明が出てきます。この場合はセラーにコンタクトを取り、直接質問してみることが大切です。

You can “Open Dispute” 10 days after the seller ships your items(s). If you have any question about your order, please contact the seller.
あなたはセラーが商品を発送した10日後から紛争を開始することができます。もし注文商品に質問がある場合はセラーに問い合わせをしてください。

注意2 紛争には3〜15日かかる

セラーがに紛争の連絡をし、セラーが承諾した場合は返金の手続きが開始されます。またセラーが5日以内に返信のない場合でも自動的に返金がお行われますので心配することはありません。

ケースにもよりますが、だいたい3〜15日くらいで終わるとAliexpressには記載されています。(目安にしてください)

ただし、もしセラーが紛争の提案、例えば「返金」や「代替え商品の発送」などを受理しない場合は、再度紛争をします。納得できないのであればとことんやって大丈夫です。

そして、もしこの紛争でも話に折り合いがつかない場合はアリエクスプレスのサービスチームに連絡をすることになります。

今まで何度か紛争をしたことがありましたが、ほとんどの場合はすぐに対応してくれます。一度だけ何度も拒否されたことがありましたが、何度も返金を迫ったところ返金されることになりました。

注意3 セラーによっては全額返金されない場合もある

紛争をしたからといって全額が戻ってくる保証はありません。
まずは希望を提出し、セラーがあなたの提案に対して返事をくれる場合もあります。その場合はセラーと話をつけ、お互いがいい方向で終了できるようにしましょう。

しかし商品が壊れているのに返金してもらえない場合は少し強気に話し合いをする姿勢を見せる方がいいです。

それでも話がまとまらない場合はアリエクスプレスのサービスチームに連絡をすることになります。

注意4 写真の添付が必要な場合もある

商品を受け取り後、紛争をする場合は写真を添付することになります。

逆にまだ商品を受け取っていない場合で紛争する場合は添付なしで構いません。

写真のサイズは2Mまでになっています。

Did you receive your goods?(商品を受け取りましたが?)
Yes: Need attachment(はいの場合:添付写真が必要)
No: Don’t need attachment(いいえの場合:添付写真不要)

注意5 英語のメッセージは簡潔に

Aliexpressでは基本的に英語を使用して中国人セラーと取引をするのですが、日本人も中国人も英語のネイティブではありません。

ですので日本人の癖で人を気遣うあまりに遠回しな表現をしていると「は?」と言われてしまいます。

英語は伝えたいことをしっかりと先に書き、そのあとに「Thanks」などをつけるだけで少し全体が和らぎますので、 簡潔な表現をしていきましょう。

簡潔な表現は中学英語で十分です。わかりやすい表現を使っていくことが話がこじれない秘訣でもあります。

Aliexpressの紛争(Open Dispute)をする方法の手順

初めて紛争をしようと決めた時はなんだかドキドキとしてしまいますので、まずは深呼吸。

下記の手順にしたがってどんどん進めていってください。

想像以上に簡単に終わってしまいますので安心してくださいね。

モバイル・スマホ 紛争(Open Dispute)をする手順

スマホの場合

「Account」→「Shipped」→「商品選択」→「Open Dispute」

手順1 Open Dispute

紛争

紛争をしたい商品を選択すると、このように商品の詳細をみることができます。
そこに「Open Dispute」のボタンがあるのでクリックします。

手順2 質問に答える

  • To start the dispute process, Please tell us your problem(紛争を始めますので、問題を私たちに教えてください)
    Did you receive your package? (商品を受け取りましたか?)
    yes or no(はい or いいえ)
  • Select your problem from the options below(下記の選択から問題を選んでください)
    Product not as described(商品説明がない)
    Material not as described(素材説明がない)
    Size not as described(サイズ説明がない)
    Color not as described(色の説明がない)
  • Quality problems(品質問題)
    Does not work Problem(動かない)
    Stained(シミがある)
    Defective(不良品)
    Has an odor(臭い)
  • Damaged goods(商品にダメージ)
    Product arrived damaged(到着したら壊れてた)
    scratched(傷がある)
    Damaged packaging(箱にダメージがある)
    Quantity shortage(数量不足)
    Missing some goods(商品が迷子になった)
    The package was empty(商品が入ってなかった)
  • Received counterfeit goods(偽物を受け取った)
    Received counterfeit goods(偽物を受け取った)
  • Problems with the accessories(付属品に問題あり)
    Accessories problems(付属品に問題あり)
  • Personal Reason(個人的な理由)
    I ordered the product by mistake(違う商品を注文した)
    I found a better price somewhere else(他でもっといい値段のものを見つけた)
    I no longer need the product(商品の必要がなくなった)
  • Shipping method was not as described(発送方法について説明されてない)
    Shipping method was not as described(発送方法について説明されてない)
  • Please tell us your solution(解決策を教えてくだい)
    Order Total JPY¥xxx(JPY¥xxx product price and JPY¥0 Shipping fee)
    (注文した商品の合計xxx円(送料無料で0円))
  • Your Refund Request(返金のリクエスト)
    Full refund(全額返金)
    Your refund requested JPY¥xxx(xxx円返金してほしい)
  • Do you want to ship the goods back:(You may have to pay the shipping fee(s))(返品をしたいですか?ただし送料はあなたもちになるかもしれません)
    yes or No(はい or いいえ)
  • Please write your request detail(リクエストの詳細をお書きください)
  • Please Upload Attachments(添付をしてください)
    Add Attachments(添付をする)
  • Submit(提出する)

あなたに当てはまる内容にチェックを入れます。ない場合はそれなりに近い感じのものでも構いません。その時はメセージを添えるといいです。

写真は商品が届いた時のみ必要です。

以上になりますが、この後セラーから何かのアクションがあるはずですので、紛争した商品のステータスを確認、メッセージが来ていないかをチェックしてください。

パソコン・紛争(Open Dispute)をする手順

パンダ

まとめ

紛争も覚えてしまえばそれほど難しいものではありませんので、必要に応じてご利用ください。でもまずはじめに気になることがあるのであれば、セラーに直接連絡するのが一番です。

それでもどうしようもない時に「紛争(Open Dispute)」を開始するのがお互い丸く収める方法になります。

ということで、アリエクスプレスでショッピングを引き続き楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました