スポンサーリンク

Aliexpressの購入者保護期間の延長をする方法とは?

extend-processing-time-eye-catch
この記事は約8分で読めます。
バイヤープロテクションと(購入者保護)の期間を延長するExtend Processing time はパソコンのみからになります。iphoneなどのスマホ、ipadなどのディバイスからは操作できません。(2019年11月現在)

Aliexpress(アリエクスプレス)でセラーが商品をなかなか発送してくれないときや、30日くらい経っているけれど到着する様子がないときは購入者の保護期間(Extend Processing Time)を延長できる機能があります。

何もせずに60日が過ぎてしまうと時効になり、商品を受け取っていない場合でもセラーとの取引が終わってしまいます。

ですので、今日は注意点と手順をしっかり覚え、気持ちのいい取引をしていきましょう。

Aliexpressで購入するともれなくついてくるBuyer Protection

Buyer Protectionというのは購入者のための保険のようなものです。
これがあることで時間を延長したり、紛争を起こしたりし、円滑に取引が進められるようになっています。

この保険期間が多くの場合は60日で切れてしまうのですが、切れてしまうと商品が届いていなくてもお金を払う羽目になってしまいます。

だけど商品が届いていいないのにバイヤープロテクション(購入者保護期間)が切れそうになることってあるんですね。そんな時は Extend Processing time と呼ばれるバイヤープロテクションを延長することができるんです。

 Aliexpressの購入者保護期間延長をする方法の3つの注意点

caution-image

それでは手順の前に3つの注意点を見ていきましょう。
購入者保護期間の延長は2回しかチャンスがありませんので、うまく活用してください。

注意1 商品発送「前」の時間を延長することができる

アリエクスプレスで支払い確認が終わると発送準備段階に入ります。
この発送準備まではセラーに数日間の期間が設けられているのですが、セラーによってはなかなか発送をしてくれないこともあります。

その場合に発送までの猶予時間をセラーに与えることができます。

またもしそのまま期間を延長しない場合は、発送する前に自動的にキャンセルになってしまいます。

もし期限の猶予を与えるのではなく、もう待つのを我慢できない場合は期限が切れる前でもキャンセルすることも可能です。

注意2 商品発送「後」の時間を延長することができる

先ほどの発送してくれない場合とはまた違い、セラーが発送をしてくれたけれど、なかなか届かない場合もあります。しかし到着までの時間は60日以内と規定があり、期限を過ぎてしまうと商品を受け取っていなくてもセラーにお金が入り、取引は終了になります。
ですので、期限が過ぎてからでは商品が届いていなくてもセラーによっては対応してくれないかもしれません。

そんなときは到着時間の猶予を延長することができます。

そうするとあなたの与えた日数が残りの日数に追加され、保護期間を延長することができるのです。

注意3 セラーの承諾が必要

購入者保護期間延長の手続きをしたところすぐに時間が追加されるわけではなく、セラーの承諾も必要になります。

「そちらの責任でしょ!」と思ってもセラーは無言で拒否してくることもありますので、期間延長の処理をしたら何度も確認することをお勧めします。
承諾されれば時間も延長になりますので、商品のステータスを見て進めていってください。

延長する際は最低でも10日くらい前にはオファーした方がいいでしょう。

注意4 紛争は延長しない

荷物が届かないなどのトラブルで購入者保護期間を延長した場合でも、紛争(Open Dispute)は発送のステータスが始まった時から60日を超えた時点ですることができるようになります。
これはステータスで確認することができますので、心配な方はステータス確認をしてみてください。

スポンサーリンク

Aliexpressの購入者保護期間の延長をする方法の手順

時間

購入者保護期間延長(Extend Processing Time)のチャンスは2回。
あなたが注文した商品のステータスを確認して行うようにしてくださいね。

モバイル・スマホ 購入者保護期間延長の手順(2019.11月現在使用不可)

cellphone-icon

発送「前」の購入者保護期間の延長
「Account」→「To be Shipped」
「商品選択」→「Extend Processing Time」

発送「後」の購入者保護期間の延長
「Account」→「Shipped」
「商品選択」→「Extend Processing Time」

両者の方法は一緒ですが、「To be Shipped」と「Shipped」と注文商品を見る場所が違うのでご注意ください。

手順1 購入者保護期間延長

購入者保護期間延長

上部にあるステータスを見ると、セラーが商品の発送準備段階に入っています。
そして真ん中あたりには日数と時間が出てるのが見えると思いますが、これがセラーに与えられた発送準備期間です。

ほとんどのこの時間以内、むしろ数日で発送されます。

しかし発送が遅いセラーだとギリギリか、もしくは何かの問題でスルーされてしまうことがあります。

その場合に「Extend Processing Time」のボタンを押し、次のページで延長しもいい日数を入れます。入力したらあとは送信ボタンを押し、自動的に前のページに戻って完了です。

あなたが耐えることのできる日数とプラスアルファで余裕を持って猶予時間を与えるといいでしょう。

スポンサーリンク

パソコン 購入者保護期間延長の手順

laptop-icon

現在スマホからのバイヤープロテクション期間(購入者保護期間)の延長ができなくなっています。ipadでもすることはできません。なぜだかの理由はわかりませんが、パソコンからのみになりますので、購入者保護期間延長する際はパソコンから操作してください。

手順1 トップぺージ(Top Page)

buyer-protection01

My Account → My Orders

まずはトップページの一番右にある My account からMy Orders を選択します。

手順2 My Account(アカウント)

buyer-protection02

My account → My Orders

トップ画面でMy Account だけを押した場合はこちらの画面になりますので、画面の一番左にある Shortcut の中から My Orders を選択してください。

トップ画面で My Account から My Orders を選択した方はこちら飛ばして次の設定に行ってください。

手順3 商品を選択→View Details

buyer-protection03

商品選択 → View Detail

購入者保護期間を延長したい商品を選択します。そうすると上記の画像の画面になりますので、左上にある「View Detail」をクリックします。

手順4 Reminder テキスト内の Click Here をクリック

extend-processing-time-button

Pay Success の時点では Extend processing time をクリック

Pay Success 時点ではExtend Processing time のボタンがとっても見易いです。支払いしているけれどなかなか発送してくれなくて、発送までの期間を延長する場合はこちらを押してください。

この「Extended processing time 」をクリックすればOkです。

buyer-protection04

Click Here を押して Extend processing time を延長

発送が始まるとなぜだかわかりませんが、Extend processing time をどこで行うのかすこしわかりにくいところにあります。文章内にある「Click Here」をクリックすればOKです。

手順5 期間延長の日数を入れる

buyer-protection05

そうするとこの画面になります。

この画面の一番下のテキストに「by XXXX days」とあるのがわかると思います。ここに好きな数字を入れ「Confirm」してください。

基本的には40日〜60日くらいですが、適当にやってもセラーが調整をしますので多めに入れておいた方がいいでしょう。

手順6 セラーから連絡がくる

buyer-protection03

数日内にセラーから連絡がくるか、こないで勝手に期間が延長になっているはずです。再度 View details を確認するようにしましょう。

もしセラーが許可しない場合はメッセージを送ってください。

チェックする時は
My Orders → 延長した商品選択 → View Details

まとめ

購入者保護期間延長できるチャンスは2回、発送前と発送後です。
セラーの承諾も必要なので、時間には余裕を持って行った方が良さそうですね。

それでアリエクスプレスで楽しいショッピングを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました