スポンサーリンク

Aliexpressで偽物ハイブランド品は売ってる?知っておきたい5つの知識

fake-items-eye-catch
この記事は約8分で読めます。

アリエクスプレスの商品を漁っていると、「あれ?これ知ってる!」なんて有名なブランドの偽物品に遭遇することもあります。

偽物ブランドを掴まされて後悔したり、何かよくないことが起こる前に、その真相を少し見ていきましょう。

あんなブランドやこんなブランドまであるんですね…

Aliexpressで偽物ハイブランド品は売ってるのか?検証

fake

まずはアリエクスプレスで画像検索を使用し、偽物ブランド品があるのかを検証してみました。どんなものがあるのかな?

GUCCI(グッチ)

aliexpress-fake-brand

Gucciのジャージでこのデザインって有名ですよね。びっくりなデザインですが、これをありエクスプレスの画像検索にかけるとこんな感じの結果になります。
どこにも「Gucci」とロゴがあるわけではありませんが、そっくりですよね。
しかもこのジャージに花が刺繍されているのですが、これは中国の方得意中の得意でしょうw

aliexpress-fake-brand

こちらの偽物Gucciのワンピースはキャサリン妃が着用していたものと同様らしいですね。
ロゴは使っていないとしても、キャサリン妃の画像使っている時点でアウトです。

aliexpress-fake-brand

このワンピースもGucciの偽物なのですが、現品の写真ではなく、おそらくこれはグッチの本物のワンピースをきているモデルさんの写真をこっそり使っているようです。
すごいなチャイナ。

aliexpress-fake-brand

この偽物Gucciのカーディガンはパッと見た感じは本物と似た感じに作られていますが、柄がかなり近いようで違っています(笑)
ハイブランドには全然縁のない私の意見で申し訳ないのですが、おじいちゃんのカーディガンみたいな感じが…グッチってこんな感じなんですかね?

まぁ、そういうファッションが云々かんぬんではなく、Gucciの偽物、またはかなり似た感じの商品はたくさんあります。

探しも見つからないブランドもあったので、Gucciって人気なんですね。

CHANEL(シャネル)

aliexpress-fake-brand

シャネルのツイードって有名らしいので、ちょっと調べてみました!
なんとまぁ…。シャネラーのみなさま、これは似ているといっていいのでしょうか?それともツイードで作られた製品はみんなこんな感じでしょうか?

シャネルと言っているわけでもなんでもないので、ツイードのジャケット製品ということになりますが、これはノーブランド扱いなのでしょうか?

NIKE(ナイキ)

aliexpress-fake-brand

こちらはナイキのスニーカー。
しかもナイキのロゴだけにとどまらず、「NIKE」とうたってます。これは完全にアウトではないでしょうか?

Supreme(スプリーム)

aliexpress-fake-brand

ブランドに疎い私でも知ってた、話題のヴィトンとSupremeのコラボレーションを検索してみました。どうですかね?どうやらパーカーには「Supreme」って書いてあるのが見えるのですが、本物ではありませんよ!

Aliexpressで販売している偽物ブランド検索の結果

どれもこれもなんだかっても似ていますが、アリエクスプレスではこのように偽物ブランド品が売っているがわかりましたよね。

アリエクスプレスでは日本向けだけに商品を売っているわけではありませんので、このように中途半端な偽物ブランド品を売っていることが多々あります。

もちろん中国ですので、日本基準で取り締まることはできません。

日本人にできることはただ一つ、買わない、売らない。
これだけです。

では、次に偽物ブランド品についての知識などを見ていきましょう。
良かれ悪かれ知識を手に入れることは大切ですからね。

Aliexpressなど中国輸入偽物ブランド品の5つの知識

image

さて、偽物ブランドらしきものがたくさんあったことがわかると思いますが、次はもう少し知識を簡単に深めてみましょう。

知識1 ブランド品とはそもそも何を指すのか?

そもそもブランドって言われても何を指しているのか?って話ですが、ブランド品とはロゴと呼ばれる商標権や、ブランドのデザインなどの意匠権などを持っているところがブランドとカテゴライズされています。

おそらく個人個人に好きなあのブランドのあのロゴが好き!とか、あのブランドのバッグの形が好き!なんてことがあると思います。それはブランドが独自に開発しているものであり、それこそがブランドの命なんですね。

それを侵害するもの、すなわちロゴやデザインを真似て作る商品が「偽物ブランド」と呼ばれるのです。

知識2 なぜ中国には偽物商品が溢れているのか?

中国はリーズナブルなお値段で商品を作ることができ、かつ中国の方は手先が器用でものすごいスピードで仕上げることができます。ですので、商売で利益を出すにはもってこいの場所なんですね。

だからこそ世界中からオーダーが入るのです。

そして中国人のすごいところは、本物を作るために養った技術をコピー商品を作るために使ってしまうのです。なぜならその方が技術者としてはお金が入るからです。
同じ仕事をして給料をもらうなら高い方が誰だっていいですよね。

だから中国ではこのようにコピー商品がまんえいし、その技術もハイレベルなものになっているのです。

世界でコピー商品を作る技術は、なんといっても中国がピカイチです。

知識3 偽物商品を購入したらどうなるのか?

よく「アリエクスプレスで売っているブランド品は偽物ですか?」という話を聞いたことがあると思います。
これに関しては、ほぼ100%の確率で「はい」ということができます。

考えてみてください、グッチやシャネルのようなハイブランドで、しかもイタリアやフランスなどのヨーロッパ育ちであり、その上世界中に店舗を構えているハイブランドが、なぜ中国のアリエクスプレスで商品を販売しなければならないのでしょうか?

普通に考えてありえないですよね。

ですので、まず「本物か?偽物か?」と考えるよりも「全て偽物」と考えている方が正しいでしょう。

知識4 偽物ブランド品を販売すると困る理由?

偽物ブランドを販売して逮捕される事件をみたことがあると思いますが、でもなぜ偽物ブランド品を売ってはいけないのか知っていますか?

それは知的財産を侵害しているからなんですね。

知的財産を侵害しているというのは、先ほどにもあったロゴやデザインをコピーして同じような商品を作ることですが、真似をして作ると困るのが本家ブランドの会社です。

彼らは単にかっこいいデザイン作っているから見せびらかしているわけではありません。
ビジネスなんです。

そのビジネスを邪魔するのが偽物商品で、勝手に販売されるとブランドとして売り上げも下がるし、ブランドとしての質が下がってしまうわけですね。

だから偽物ブランド品を「本物です」などといって販売されては困るのです。

知識5 偽物ブランド品を販売するとどうなるの?

偽物ブランドを、楽天・アマゾン・メルカリ・ヤフオクなどで販売することは禁止されています。

販売してバレてしまったときは、アカウントの停止やブラックリスト、または永久追放されることもあります。

また詐欺罪として犯罪になる可能性もあり、その場合は「10年以下の懲役、または1000万円以下の罰金、もしくはその両方」を課せられる可能性もあります。

やはり偽物を販売する方も罪の意識がないわけではないと思うんですよね。でもお金欲しさに偽物を「本物」と言って販売しておおごとになるケースが多いんです。

購入する方も「安い値段だからラッキー」なんて思って購入し、それで偽物をつかまされて悲しいことになってしまわないように、本物が欲しいのであれば本家大元で購入することが一番安心ということですね。うまい話には裏があるということです。

Aliexpressで購入する際の注意

image

偽物ブランドどのような感じであるかわかったと思いますが、次にアリエクスプレスで商品を購入する際の注意点を知っておきましょう。

注意点1 ブランド品は全て偽物であると考える

特にファッション系のカテゴリーを調べていると、どこかのブランド品の写真をそのまま利用している画像がたくさん出てきます。これらはイメージであって本物を販売しているわけではありません。
アリエクスプレスで「ハイブランド商品は取り扱ってない」と断言できますので、全てが偽物と考えていて問題ありません。

注意点2 ブランドロゴのある商品は購入しない

ブランドロゴを使用してもそのまま販売してしまうのがアリエクスプレスです。アリエクスプレスというよりも販売者が元凶ではありますが…

とはいえ、アリエクスプレスでは偽物ブランド品を取り締まれないのはそれなりの国のルールがあるわけで、それをブーブー日本人が言ってしまうのは少し違うのかと思います。ですので日本人としては偽物ブランドを「購入しない」と心に誓っておきましょう。

決して販売者の手助けをしないように。

注意点3 みたことあるデザインの場合は購入しない

あれ?なんだかこれブランド品に似てるよね?
なんてものがあることもありますが、これも意匠権の侵害ってなもんです。

トラブルに巻き込まれないためにはこのような商品も購入しないことです。

注意点4 ノーブランドと書いてあるものを買う

商品によってはブランド名ではなく、しかりと「ノーブランド」と書いてあるものがあります。このようにノーブランド品というのは自由に扱うことのできる商品です。

よくあるのがOEM商品です。

OEM商品を簡単にいうと、中国で作っているノーブランド商品に自分たちで作ったロゴをつけて、独自ブランドにして販売する方法です。

これは違法でもなんでもありません。むしろビジネスのひとつとして昔からあるものです。
アマゾンや楽天を見ていたらたっぷりOEM商品を見ることができるんですね〜。

効率的な手法ですよね。

ですので、楽天やアマゾンなどで似ている商品を見つけたら、一度アリエクスプレスで検索してみるのもいいですね。どれくらいで販売しているのかは見てのお楽しみ!

まとめ

Aliexpressの中国輸入は価格や商品数を考えると魅力であることは間違いありません。しかしながら偽物品などが転がっていることも現実です。
でも購入するのは個人個人ですので、マナーを守って楽しく買い物をしましょう。

ということで、引き続きアリエクスプレスでお買い物を楽しんでいきいましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Q&A
dindinをフォローする
スポンサーリンク
Aliexpanda

コメント

タイトルとURLをコピーしました